【決勝】天理が初優勝 大瀬が無四球完封、早大学院下す 第61回全国高校軟式野球選手権大会

第61回全国高校軟式野球選手権大会第は30日、明石トーカロ球場で決勝が行われ、天理(近畿)が早大学院(東京)を5-0で下し初優勝を果たした。 スポンサードリンク 天理は2回、二死満塁から9番福岡の左前タイムリーと押出しで2点を先取。7回にも二死満塁から堤の走者一掃の中越タイムリーで早大学院を突き放した。 早大学院は2つの盗塁死など持ち前の機動力を活かすことが出来なか…

続きを読む

【観戦レポ】上田西(北信越)ー 天理(近畿) 第61回全国高校軟式野球選手権準決勝 

【観戦レポート】 第61回全国高校軟式野球選手権 準決勝 上田西(北信越)- 天理(近畿) 2016/08/28 明石トーカロ球場 昨年涙を呑んだ舞台、全国選手権準決勝までやってきた上田西は、エースの坂口の復調が心強い。昨年夏を経験した選手を中心に1年越しの決勝進出を狙う。 この大会、最も粘り強く戦い、そして最も勢いに乗っている天理。1回戦の能代戦は延長14回タイブレー…

続きを読む

【観戦レポ】早大学院(東京)ー作新学院(北関東) 第61回全国高校軟式野球選手権準決勝 

【観戦レポート】 第61回全国高校軟式野球選手権 準決勝 早大学院(東京)- 作新学院(北関東) 2016/08/28 明石トーカロ球場 準々決勝では仙台商(南東北)に勝利し、東京勢として41年ぶりのベスト4入りを果たした早大学院。チームとしても初の準決勝に進出した。 昨夏優勝の作新学院は1回戦、準々決勝と苦しみながらも勝利し、大会連覇まであと2勝のところまで漕ぎ着けた。 …

続きを読む

【8月28日 大会第4日】早大学院、天理が初の決勝進出 第61回全国高校軟式野球選手権

第61回全国高等学校軟式野球選手権大会は28日、明石トーカロ球場で準決勝2試合を行い、早大学院(東京)と天理(近畿)が勝利し、あすの決勝に進出した。 大会第4日 8月28日の結果 明石トーカロ球場   準決勝 早大学院(東京)2-1 作新学院(北関東) 準決勝…

続きを読む

【準決勝】天理、3戦連続の延長制し決勝へ 第61回全国高校軟式野球選手権大会

延長10回裏、一死満塁で板倉知のニゴロが相手暴投を誘いサヨナラ勝ちを収めた天理(28日、明石トーカロ球場) 第61回全国高校軟式野球選手権大会第4日目 準決勝第2試合 近畿代表の天理が延長10回の末、北信越代表の上田西を1-0でサヨナラで下し、初の決勝進出を決めた。 スポンサードリンク 上田西坂口、天理大瀬の好投でスコアボードに0が並ぶ投手戦となった試合は9回裏…

続きを読む