【北海道】登別明日(2年連続3度目)第62回全国高校軟式野球選手権大会出場校

_MG_0091.jpg
第61回全国選手権大会開会式(2016/08/24、明石トーカロ球場)


スポンサードリンク


昨夏の経験を自信に"6年間”の集大成を明石で


昨夏に続き2年連続で全国選手権出場を果たした登別明日。秋は全道大会1回戦で敗退するも、この夏は全道1回戦で秋に敗れた函館ラ・サールを撃破、決勝では第60回大会(2015)で全国ベスト4入りを果たしている北海道科学大高との接戦を制して全国への切符を手にした。


昨年の全国選手権は1回戦で文徳(南部九州)を下し、2回戦では上田西(北信越)に延長12回の末、サヨナラで敗れた。下級生主体のチームだったこともあり、多くの主力選手が昨夏の全国の舞台を経験している。主戦の長と鎌田の二枚看板に期待がかかる。


中高一貫校のため、6年間同じメンバーでプレーしてきた登別明日の選手たち。他のどのチームよりも互いを知り尽くしたチームワークを強みに、上位進出を狙う。


2016秋以降公式戦
2016秋 北海道大会1回戦/2-3 函館ラ・サール
2017夏地方予選勝ち上がり
北海道大会 1回戦/3-0 函館ラ・サール
準決勝/7-5 滝川
決勝/1-0 北海道科学大高
最近の全国大会成績
第57回(2012) 1回戦/6-3 鳥取西(東中国)
2回戦/0-5 中京(東海)
第61回(2016) 1回戦/1-0 文徳(南部九州)
2回戦/1-2 上田西(北信越)⑫
全国大会戦績
出場 2回
通算成績 2勝2敗
過去最高位 ベスト8(第61回、第57回)




第61回全国高校軟式野球選手権大会に出場する、全16校が決定した。 昨夏の全国選手権優勝で大会連覇を狙う作新学院(北関東・栃木)と同準優勝の能代(北東北・秋…
nanshikibb.seesaa.net



スポンサードリンク

この記事へのコメント