【観戦レポ】慶應義塾(神奈川2位)- 木更津総合(千葉1位) 第65回春季関東地区高校軟式野球大会 準決勝

20170604121717__MG_1264.JPG
2017/06/04 高崎市城南野球場

1回戦は開催県代表の桐生に7-0のコールド勝ち、前日の2回戦では東京の王者・早大学院との対戦を1-0で制して準決勝まで進んだ慶應義塾。早大学院戦では打線が僅か2安打と抑えられたが、4回に河合の3塁打を足がかりに得た1点を中野-山元のリレーで守り切った。

対する木更津総合は春の千葉大会を25年ぶりに制しての関東大会に出場。1回戦の佐野日大中等(栃木2位)戦は3-2のサヨナラ勝ちで突破すると、2回戦では強豪茗溪学園(茨城1位)を2−0で完封して準決勝に駒を進めてきた。今回4強に進出したチームの中では最も勢いに乗っているチームと言えるだろう。



スポンサードリンク

慶應義塾の先発は前の試合8回途中からマウンドに上ったエースの山元。初回、その立ち上がりを木更津総合が攻める。二死2塁で4番茂田は高めのストレートを振り抜くとレフトの頭上を越すツーベースとなり木更津総合が幸先よく先制する。

20170604105656__MG_1119.JPG

木更津総合の先発加藤航も立ち上がりに得点圏にランナーを許すもののこのピンチを凌ぐと、序盤はテンポよくアウトカントを重ねていく。木更津総合は4回表にも二死ながら2、3塁とし追加点を狙うが8番坂本は三振に倒れる。5回にも相手の失策で出したランナーを3塁まで進めるが追加点を奪えない。

20170604110330__MG_1141.JPG

すると慶應義塾は5回裏、山元のヒットなどで二死1、2塁とすると、2番兵地がレフト方向へ走者一掃のツーベースを放ち、2-1と一気に逆転する。

20170604120056__MG_1224.JPG

6回裏、木更津総合のマウンドにはファーストを守っていた背番号8のサウスポー齊藤が上がる。慶應義塾の4番荒川はその代わりっぱなを攻めスリーベースを放つと、5番西村も左中間にツーベースで続き1点を追加。二死後にワイルドピッチで更に1点を追加し4-1とリードを3点に広げる。

20170604121518__MG_1253.JPG

3点のリードをもらい落ち着きを取り戻した慶應義塾の山元はリズムよくアウトカントを重ねる。その後は7回にヒットを1本許すのみ。試合はそのまま慶應義塾が木更津総合を4-1で下して、2年ぶりの決勝進出を決めた。

終わってみれば被安打3、四球1とエースとしての役割を十分すぎる結果で果たした山元。序盤のリードされた展開で我慢の投球が味方の逆転劇を呼び込んだ。あすの決勝の舞台、2年前には果たせなかった優勝をエースとして引き寄せることができるか。

20170604113430__MG_1163.JPG

木更津総合は4、5回のチャンスに追加点を奪えていれば、展開はまた違ったものになっただろう。同点に追いつかれた直後の6回に、思い切って行ったシート変更は結果的に裏目に出てしまった。しかし関東大会4強の結果に、木更津総合は大きな自信と経験を得たに違いない。この夏、この成績が実力であったことを結果で証明したい。

20170604121508__MG_1249.JPG

木更津総合
100 000 000丨1
000 022 00X丨4
慶應義塾

(木)加藤航、齊藤 - 渡邉
(慶)山元 - 石見

2017/06/03 西毛総合運動公園野球場 秋は神奈川大会を準優勝で関東大会に出場するも初戦で茗溪学園に0-2で敗戦した。そしてこの春、…
nanshikibb.seesaa.net






スポンサードリンク

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック