第61回全国高校軟式野球選手権 出場16校が決定!

pablo (24).png


第61回全国高校軟式野球選手権大会に出場する、全16校が決定した。
昨夏の全国選手権優勝で大会連覇を狙う作新学院(北関東・栃木)と同準優勝の能代(北東北・秋田)がともに出場権を得た他、上田西(北信越・長野)や新田(四国・愛媛)など近年の常連校も出場を決めた。
初出場は桜丘(東海・愛知)と柳井商工(西中国・山口)の2校。前回の出場から最も期間が空いたのは拓殖大紅陵(南関東・千葉)で18年ぶりの出場となる。


スポンサードリンク


代表16校一覧


北海道 登別明日 4年ぶり2度目
北東北 能代(秋田) 3年連続17度目
南東北 仙台商(宮城) 3年連続14度目
北関東 作新学院(栃木) 3年連続29度目
東京 早大学院 2年ぶり4度目
南関東 拓殖大紅陵(千葉) 18年ぶり2度目
北信越 上田西(長野) 3年連続5度目
東海 桜丘(愛知) 初出場
近畿 天理(奈良) 5年ぶり14度目
大阪 河南 2年ぶり3度目
兵庫 報徳学園 8年ぶり2度目
東中国 井原(岡山) 8年ぶり2度目
西中国 柳井商工(山口) 初出場
四国 新田(愛媛) 5年連続18度目
北部九州 糸島農(福岡) 8年ぶり2度目
南部九州 文徳(熊本) 2年ぶり4度目


組合せは8月13日に高野連の代理抽選によって決まる。大会は8月24日から29日まで、明石トーカロ球場と今大会より高砂市野球場に代わり採用されたウインク球場(姫路球場)にて行われる。また、準々決勝の翌日(日程が順調に進めば8/27)に休養日が初めて設けられる。


第61回全国高校軟式野球選手権 地区予選日程・結果一覧


2016 第61回全国高校軟式野球選手権大会 地方予選まとめ






スポンサードリンク

この記事へのコメント