中京学院大中京、延長11回制して3年ぶりの決勝へ 第62回全国高校軟式野球選手権大会準決勝

スポンサードリンク 第62回全国高校軟式野球選手権大会準決勝第1試合は、3年ぶりの全国制覇を狙う中京学院大中京が登別明日を延長11回の末に下し、あすの決勝に進出した。 両者無得点のまま延長戦に突入した試合は11回表、中京学院大中京が無視満塁から押出死球で先制、更に内野ゴロで1点を追加した。中京学院大中京先発の佐伯は登別明日を6安打無失点に抑えた。 登別明日は鎌田…

続きを読む

【大会第4日/準決勝】決勝懸けてベスト4が対戦 第62回全国高校軟式野球選手権大会

8/28、休養日明けの大会第4日は決勝を懸けた準決勝2試合が行われる。今大会はベスト4のうち、3校が準決勝に初進出した。唯一、全国制覇の経験がある中京学院大中京も、全国を舞台に選手が自信を持ってプレーし、投打に好調を維持する。果たして29日の決勝の舞台に立つのはどのチームか。 スポンサードリンク 大会第4日 8月28日の予定 …

続きを読む

【観戦レポ】篠山鳳鳴(兵庫)vs 専大北上(北東北) 第62回全国高校軟式野球選手権大会2回戦

23年ぶりの全国選手権出場に湧いた地元兵庫の篠山鳳鳴。快進撃は全国選手権の舞台でも続く。 前日の1回戦の木更津総合との試合では、両者譲らず0-0のまま延長戦へ突入。12回でも決着が着かずに、今大会初のタイブレークが適用された。相手のミスなどで4点を奪った篠山鳳鳴が木更津総合の追撃を抑え、5度目の出場で初勝利。学校の歴史に新たな1ページを書き加えた。初戦は2年生の市野が好投。164球を投…

続きを読む

【観戦レポ】富山商(北信越)vs 登別明日(北海道) 第62回全国高校軟式野球選手権大会2回戦

9年ぶりに全国選手権出場の古豪・富山商。10年前の第52回大会(2007)では準優勝を果たした。当時就任2年目で決勝までチームを導いた大井監督は今季限りでの勇退を表明している。監督と1日でも長く野球を、とチームはひとつになっている。初戦は四国学院大香川西を1失点で抑えた主将の池田が、チームを10年ぶりのベスト4に導けるか。 出場3大会連続で初戦突破を果たした登別明日。昨夏のマウンド…

続きを読む

えひめ国体出場10校が決定

日本高校野球連盟は26日、えひめ国体高校野球軟式競技に出場する10校を決定した。 スポンサードリンク えひめ国体出場校 出場校 北海道 登別明日 岩手 専大北上 宮城 …

続きを読む