【観戦レポ】富山商(北信越)vs 登別明日(北海道) 第62回全国高校軟式野球選手権大会2回戦

2017/08/26
9年ぶりに全国選手権出場の古豪・富山商。10年前の第52回大会(2007)では準優勝を果たした。当時就任2年目で決勝までチームを導いた大井監督は今季限りでの勇退を表明している。監督と1日でも長く野球を、とチームはひとつになっている。初戦は四国学院大香川西を1失点で抑えた主将の池田が、チームを10年ぶりのベスト4に導けるか。 出場3大会連続で初戦突破を果たした登別明日。昨夏のマウンドも経験したエース長大聖は186センチの長身から繰り出す直球を武器に、1回戦の玉島戦..

続きを読む

【北信越】富山商(9年ぶり28度目)第62回全国高校軟式野球選手権大会出場校

2017/08/11
スポンサードリンク 日本一の経験もある伝統校 最多28度目の全国 28度目の全国選手権は出場校中最多。「TOMISHO」が9年ぶりに明石に帰ってくる。 秋季大会は北信越大会準決勝で上田西に大敗。春には北信越準決勝で優勝した岡谷工に敗れるも、強豪と対等に渡り合う力をつけた。この夏の北信越大会決勝では、その春に敗れた岡谷工と再戦。3-0の快勝で全国への道を切り開いた。 第4回大会(1959)で初出場、23回目の出場となった第38回大会(19..

続きを読む

【30日の結果】仙台商はサヨナラで南東北4連覇!新たに5校が全国に名乗り

2017/07/30
スポンサードリンク 【第62回全国高校軟式野球選手権・30日の結果】 30日は5地区で決勝戦が行われ、新たに代表校が決定した。 北東北の秋田商-専大北上は、専大北上が試合を優位に進めるも、終盤に秋田商が追い付き延長に突入。延長10回に専大北上がサヨナラで試合を決め、5年ぶり5度目の全国選手権出場を決めた。 秋田商 010 000 011 0丨3 102 000 000 1X丨4 専大北上 (秋)塚田 - 川村、宮崎 (専)..

続きを読む

「"北信越"」というタグがついた記事をすべて見る