【観戦レポ】中京学院大中京(東海)vs 茗溪学園(北関東) 第62回全国高校軟式野球選手権大会決勝

2017/08/29
3年ぶり8度目の優勝を狙う中京学院大中京と、初の決勝に挑む茗溪学園が対戦。両チームともここまでエースの力投でこの大会を勝ち上がってきた。中京学院大中京は2年生右腕の佐伯が予選を含め61イニングで無失点と、抜群の安定感を誇る。茗溪学園の森岡は130キロ台の速球と、コーナーに制球されるスライダーを武器に、打たせてとる投球を続けてきた。茗溪学園は予選から今大会準決勝を終えるまで無失策。守備力の高い両チームの対戦に、戦前からロースコアの展開が予想された。 ス..

続きを読む

【観戦レポ】中京学院大中京(東海)- 登別明日(北海道) 第62回全国高校軟式野球選手権大会準決勝

2017/08/28
第59回大会(2014)以来、3年ぶり8度目の全国制覇を狙う中京学院大中京は、ここまで、2年生エース・佐伯の好投が光る。140km/h台の直球を持つ本格派右腕は、予選から登板した6試合で無失点。打線も2回戦の仙台商戦では初回にいきなりたたみかけての一挙6得点。2点タイムリーを放った4番の岡田に期待がかかる。 登別明日のエース長大聖は、2試合で20奪三振と、ベスト4入りした投手の中では最多奪三振を記録している。2回戦ではコントロールに苦しみながらも、富山商打線を1..

続きを読む

【観戦レポ】文徳(南部九州)vs 中京学院大中京(東海) 第62回全国高校軟式野球選手権大会1回戦

2017/08/24
2017/08/24 明石トーカロ球場 第62回全国高校軟式野球選手権大会 1回戦 全国選手権の組み合わせが決まると、毎年必ず「いきなり当たるのか」と思わせてくてる顔合わせがある。昨夏のそれは「天理vs能代」だった。そして、今年、真っ先に目に入ってきたカードが「文徳vs中京学院大中京」だった。 この両者、第57回大会(2012)決勝で顔を合わせている。その時は中京(当時)が延長の末に勝利し、第56回大会に続く大会連覇を達成した。 文徳は秋・..

続きを読む

中京学院大中京、文徳に完封勝利で2回戦へ 第62回全国高校軟式野球選手権大会1回戦

2017/08/24
文徳打線を3安打完封した中京学院大中京の佐伯 スポンサードリンク 第62回全国高校野球選手権大会第1日 1回戦第2試合は、中京学院大中京が文徳を2-0で完封し、明後日の2回戦へ駒を進めた。 文徳・安武、中京学院大中京・佐伯の白熱の投げ合いは6回表、中京学院大中京が一死2、3塁で相手捕手の後逸の間に2点を先制。 中京学院大中京の佐伯は、文徳打線を散発3安打に封じ、9奪三振で勝利に大きく貢献した。 中京学院大中京 000 0..

続きを読む

【東海】中京学院大中京(2年ぶり21度目)第62回全国高校軟式野球選手権大会出場校

2017/08/12
第59回全国高校軟式野球選手権大会決勝 三浦学苑戦(2014/08/30、明石トーカロ球場) スポンサードリンク 新生中京 攻撃力と安定した投手陣を備え、狙うは8度目の頂点 あの伝説となった試合から、3年の年月が経った。当時中学3年生だった選手たちは、早くも高校最後の夏を迎える。 一昨年の第60回大会(2015)は1回戦で新田(四国)にノーヒット・ノーランで敗れた。昨年は東海大会準決勝で敗退し、全国出場を逃した。新チーム、秋季大会はベスト4..

続きを読む

「"東海"」というタグがついた記事をすべて見る